top of page

 DISCOGRAPHY

Music webzine "Grumble Monster 2.0"にて全アルバムのレビューを書いて頂いています

3way SPLIT (CD/Digital )
『Immagine Residua』

 

10/21/2022 Release

Tokyo Jupiter Records / TJP-069

美醜入り混じる狂乱のブラックゲイズ/ダーク・ハードコアkokeshi、イタリア激情の雄ShizuneのVoをゲストに迎え激情ハードコアとブラックメタルの境界線を驀進するポストブラック['selvə]、静寂と混沌が織りなす円熟のポストメタル/シューゲイズPresence of Soul。 日伊轟音3バンドをフィーチャーしたレーベルTokyo Jupiter Records15周年記念SPLIT。

 

kokeshi + [’selvə] + Presence of Soul - Immagine Residua To celebrate our 15th anniversary, we’ll be releasing a 3-way split entitled “Immagine Residua” featuring our favorite bands, kokeshi (blackgaze/dark hardcore from Japan), [’selvə] (post-black/screamo from Italy, with guest vocals from Shizune) and Presence of Soul (post-metal/shoegaze from Japan) on CD/DIGITAL on October 21.

[Tracklist]

1. kokeshi - 彼は誰の慈雨の中で - The Sun Shines Upon All Alike -

2. [’selvə] - sonder

3. Presence of Soul - The Trinity - I

"The Trinity - I"

  Recorded and mixed by Presence of Soul
  Mastered by Haruhisa Tanaka (PURRE GOOHN)

4th Album
『Absence of Objective World』

 

9/7/2019 Release

Abyss Gazer Records / AGR-C001

Spotify 

Probability of Destruction and Hope

Music Video: Philippe Léonard (Member of Godspeed You! Black Emperor etc, as visual producer and live performance. 16mm film video artist.) Godspeed You! Black Emperorのショーなどで活躍する16mmフィルムを使用した作品が特徴のメディアアーティストPhilippe Léonard制作。
Guest: Eric Jernigan ( ROSETTA) : Vocal and Lyrics

オリジナルメンバーが2人になったことで出来ることを形にすべく、 国内外のポストロック、ポストメタル、ブラックメタルバンドなどからゲストミュージシャンを招きコラボレーションし完成させた ニューアルバム”Absence of Objective World (客観的世界の不在)”。

今作のテーマは、様々な人間の感情や価値観の中で、ユクスキュルの"環世界"の視点でこの世界が全ての人間の"主観的現実"の集合体であり、 その中で個々がどう世界を捉え、価値観と現実をどう作り出していくかが試されているのではないか、という問いかけをもとに制作、 より心の奥に焦点を当てた内容で音の重厚さと共に深みを増した作品に仕上げられている。
初の正式PV、Godspeed You! Black Emperorのショーなどで活躍する16mmフィルムアーティストPhilippe Léonardが手掛た映像も見所となる。

[English]

After becoming a duo group consisting of two founding members, the new album "Absence of Objective World" was completed with the combined effort of various artists, including collaboration with guest musicians from both inside and outside of Japan. The album deals with the perspective of "Umwelt", where among all human emotions and values, the world is a collection of all of their "subjective reality". And thus we are challenged on how we interpret the world and create reality and values. The concept of diving deeply into the human's inner side of the heart gives synergistic effect to the music, providing both depth and heaviness.



【Guest Musicians】
Roel van Oosterhout (IZAH) : Guitar - Track1
Jean-Philippe Schopfer (RORCAL) : Guitar - Track2
Ryo Amamiya (Funeral Moth) : Vocal - Track2
Dairoku Seki (STORM OF VOID / Ex-envy) : Drums - Track3
Ryota Okazaki (LZ129) : Noise - Track3
Eric Jernigan (ROSETTA) : Vocal and Lyrics - Track4

Album cover (photo): Tomoya Matsuura
(走査型電子顕微鏡で撮影する写真家 / An artist who produces work using Scanning Electron Microscope)

Recorded by Ryo Hisatsune (Studio Zott)
Mixed and mastered by Haruhisa Tanaka (PURRE-GOOHN)
All songs written by Presence of Soul
Art work designed by Yuki

■アルバム発売記念インタビュー [Album Release Interview]:
 

→ LIVEAGE A.D. [Japanese] / [English]
 

12"LP

Abyss Gazer Records / AGR-L001

1.Boundary of Reality and Fiction
2.Antinomy
3.Silence and Connivance
4.Probability of Destruction and Hope

※with DL code

CD
※紙ジャケ見開き仕様
Abyss Gazer Records / AGR-C001
 
1.Boundary of Reality and Fiction
2.Antinomy
3.Silence and Connivance
4.Probability of Destruction and Hope
5.Calm Water (Bonus Track)

3rd Album
『All Creation Mourns』

 

10/31/2015 Release

LTRDSV 003 / Les Ténèbres Records

Spotify 

 "Circulation" - Live at WildSide Tokyo - 23.8.2020

前作以降楽曲作りの根本から見直し、映像を用いたライブ展開をしてきた中、新メンバーにて制作 された今作にはメタル要素を多く含み、ドゥーミー且つ、光さす場所を垣間見せるかのシューゲイ ズサウンドを織り交ぜたサウンドスケープはより確固たる世界観を深め、よりカタルシスを味わえ るよう丹念に仕上げられた。
ミックス・エンジニアは前作同様ゆらゆら帝国、Borisなどを手がける中村宗一郎氏、ゲストには オーストラリアで共演したLauraのCaz Gannell (Cello)、またViolinにBronwyn Henderson、ストリングスエンジニアはNao Anzai、アナログ盤限定バージョンとしてインスト曲"Genom"にはリアレ ンジしたボーカル入り曲でRyo(wombscape)が参加、多くのアーティスト達により作品の彩がより深 まっている。

[English]

The 3rd album of Presence of soul "All Creation Mourns" is set to release on October 31st after 7 years of absence. As our previous release, the album was mixed by Soichiro Nakamura who has worked with Yura Yura Teikoku and Boris. The album was created with help from some great musicians. Caz Gannell from Laura did the arrangement for strings and played cello, Bronwyn Henderson played violins, and Nao Anzai recorded the strings tracks. Also Ryo (from wombscape) added a new and nice touch with his vocal to the instrumental song called "Genom" which is only included on vinyl.

■ロングインタビュー記事 [Interview]:


Grumble Monster [Japanese only] 

12"LP


¥2,600 (tax in)
LTRDSV 003 / Les Ténèbres Records


A1.The secret dogma that was the forced to believe
A2.The man who leads the mad horce
A3.Genoom (LP Version)
A4.Teaching of necessary evil
B1.You'll come to the apocalypse at last
B2.Circulation

※with DL code

アナログ盤はライブ会場でも販売しています。

2nd Album『Blinds』

2008.8.22 release
¥2,300 (tax in)
WRP-1001 / WHEEL RECORDS
1st Album『cause and effect』

2006.5.20 release
¥1,575 (tax in)
PRM-0006 / Poppin Records

2nd Album

「cause and effect-plologue-」「君の糸」「呼吸」「光の向こう」他、全8曲を収録。

アルバムレビュー:

Grumble Monster [Only Japanese]

3rd.アルバム「Blinds」は国内ではディスクユニオン、海外ではフランスのレコードレーベルMusea Recordsよりリリースされ、ヨーロッパ、アメリカ、南米など12カ国で流通されています。

 

3rd. album "Blinds", will be released by French record label, Musea Records. And the album will be distributed in 12 countries, Europe, USA, South America, etc... Please contact to distributor of each country.

アルバムレビュー:

Grumble Monster [Only Japanese]

※CD、LPはライブ会場でも販売しています。
※上記通販ページでの購入が難しい場合(Digital Album除く)は、メールからもご注文受付可能です。 お問い合わせは [ こちら ] 迄

※3日以内に受付確認のメールをお送りいたします。 返信がない場合はメールが受信出来ていない可能性があります。アドレスを再度確認の上、再送願います。
(注)予約確認返信はPCよりお送りしますのでドメイン指定受信、シークレットコード指定、メール一括拒否、メール指定受信など 一部のメールが届かなくなる設定になっていないかご確認ください。 ドメイン指定受信されている場合は「info@presence-of-soul.com」を登録ください。

bottom of page